農学部・食料生産科学科

■ 特色
 食料生産科学科は、豊かな自然に恵まれた信州の地で、環境と調和した持続的な食料生産をめざした教育・研究活動を行っています。個性あるこの地で、「食」をキーワードに生産現場と研究現場の情報を融合させた新たな形での教育・研究活動を行っています。

■ カリキュラム
 1年次は、松本キャンパスで共通教育科目と専門科目を履修し、豊かな人間性を養い、幅広い教養を身に付けます。
 2年次からは南箕輪キャンパスで専門科目を履修します.この際に「植物生産コース」と「動物生産コース」に分かれ、幅広い視野と高度な専門性の習得を目指します.さらにキャリアデザインやインターンシップなどの科目を通して、卒業後の進路指導を行います。
 3年次の後期からは、研究室に所属して各教員の指導の下、専攻研究を行います。また、専攻演習と外書講読を通して専攻研究に必要な知識を習得します。

■ 受験生へのメッセージ
 食料生産科学科では、食料の安全性と品質の向上や持続性の高い食料生産の実現を指向し、動植物資源の開発、生産および利用に関わる分野で活躍したい人を求めています。食料問題や環境問題に深い関心を持ち、知的好奇心と創造力に富む人を歓迎します。

 →学科長からのメッセージ

■ 研究室紹介


大学院修士課程 食料生産科学専攻

食料生産科学科 紹介ビデオ映像
※ ビデオ映像を再生する際、InternetExplorerでは
  セキュリティ保護のためにアクティブコンテンツの
  表示を制限する警告メッセージが表示されること
  があります。当ビデオ映像は安全なコンテンツで
  すので、ご安心の上「オプションを表示」をクリック
  し、「ブロックされているコンテンツを許可」してくだ
  さい。